読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽん塾始動!

いよいよ明日からぽん塾始まります!(^O^)

 

前々から塾を開きたいなぁと漠然と思っていたのですが、

 

自分にできるのかな?

誰も来てくれなかったらどうしよう?

 

という不安や

 

学校とかバイトとか忙しいしなー。

 

という言い訳?から

 

なかなか実行に移せずにいたこの計画。

 

いろんな人と出会い、話しをするなかで

 

「自分の好きなことを、やりたいことをやろう!」

 

と思い、実施するに至りました。

 

今自分がやりたいこと

 

それは「子どもたちに勉強を教えたい」

 

ということでした。

 

もともと誰かに勉強を教えるのは好きだったんですが、

 

勉強を教えることに関してそこまで強い思いはありませんでした。

 

しかし、ある出来事がきっかけで私は教える面白さや楽しさを感じるようになりました。

 

去年の10月ごろ、その頃から私は放課後指導のボランティアとしてとある中学校に行っていました。

 

そこでは中学3年生の受験勉強をサポートするのですが

 

勉強ができる子から勉強のできない子まで幅広くおり、その中にA君という男の子がいました。

 

A君はとにかく勉強が嫌いでテストの点数も良くはありませんでした。

 

ところがある日、私が1時間英語の勉強を教えたところ

 

次に来たときには「ぽんさん、見てみて〜!」とノートにびっしりと書いた英単語を見せてきました。

 

私はそれだけでもめちゃくちゃ嬉しかったのに、さらにその子は続けてこう言いました。

 

「おれテストで100点とったねん!初めて!小テストやけどな〜」

 

まじか、泣いてまうやないか。笑

 

そしてそして、そんなこんなで勉強を続けたA君は「公立は無理かな」といわれていたにも関わらず見事公立高校に合格しました。

 

「おれ、ぽんさんのおかげで高校合格したねん!ありがとうって伝えといて!」

 

普段はふざけて私をバカにしてくるがきんちょが

 

私の友達にこっそりそんなことを言っていたそうで、直接言わんかい!と思いつつそれはそれは嬉しかったのです。

 

とまあ、こんな感じで私は人に勉強を教えることがもっと好きになりました。

 

A君の成績が上がったのはA君自身の努力の結果だけど、そのきっかけを作ってあげることはできるんだなと。

 

ぽん塾はそんな風に勉強が楽しいと思えるような場所にしたいと思っています。

 

講師も生徒もみんなが「勉強おもろいな〜!」と思えるようにするのが私の目標です。

 

あー、気合い入りすぎてめっちゃ長くなってしまいましたが、ここまで読んでいただいた方ありがとうございました!

 

明日頑張るぞおおおお( ´ ▽ ` )ノ笑